外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本脳炎ワクチンの接種後に、中枢神経に炎症が起きる急性散在性脳脊髄炎を発症したケースが厚労省に計11件報告されていることが30日、同省への取材で分かった。リスクを低く抑えるため製造方法を変更し、09年に導入された現行ワクチン接種後の発症例を集計した。大半は回復、軽快したケースとみられる。厚労省は、病状の経過などのデータを31日に開く予防接種部会小委員会に提出し、専門家の評価を求める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信