外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本脳炎の予防接種を受けた子どもが急性脳症を発症して7月に死亡した事例を、厚生労働省が自治体からの報告で9月上旬に把握したにもかかわらず、今月中旬に別の子どもがワクチン接種後に死亡するまで詳細な調査を実施していなかったことが26日、関係者への取材で分かった。同省は「9月時点では同様の死亡例などが他になく、緊急の対応が必要な状況ではないと判断した」としているが、対応の鈍さを批判する声も出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信