外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 弁護人が留置場や拘置所で容疑者や被告と接見(面会)する際、暴行などの不当な取り調べや体調の異変などを記録するために持ち込む携帯電話やカメラといった電子機器をめぐり、施設側とトラブルになった事例が30都道府県で95件に上ることが2日、日弁連への取材で分かった。

共同通信