外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ハリケーン「マリア」が直撃したカリブ海の米自治領プエルトリコへの支援が遅れていると、トランプ大統領への非難が高まっている。トランプ氏は26日に追加支援や10月3日の現地視察を発表したが、別のハリケーンに襲われた南部のテキサス州やフロリダ州には真っ先に足を運び得点を稼いだだけに、差別との指摘は避けられず批判封じに躍起だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信