外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第3次安倍政権発足後初の大型国政選挙となる第24回参院選は10日投開票された。安倍晋三首相(自民党総裁)が目指す憲法改正に賛同する改憲勢力は、非改選と合わせ国会発議に必要な全議席の3分の2(162議席)超となった。自民党は50台半ば、公明党が14議席へ伸ばし、与党で改選過半数の61議席を上回って勝利した。民進党は改選43議席を割り込み32。民進、共産、社民、生活の野党4党は32の改選1人区で候補を一本化し共闘したが及ばなかった。共産は伸長した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信