外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国の改革派雑誌「炎黄春秋」の幹部交代人事を中国当局が強行した問題で、発行元の出版社社長を長年務めてきた改革派の重鎮、杜導正・元国家新聞出版署長(92)が31日までに共同通信の取材に応じ「文化大革命(大衆を動員した権力闘争で多数の死者が出た1966~76年の政治運動)のやり方だ」と当局を批判した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信