外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市東住吉区で1995年、自宅に火を付け小学6年の長女を殺害したとして現住建造物等放火と殺人、詐欺未遂の罪に問われ、無期懲役の判決が確定した母親青木恵子元被告(48)と同居相手だった朴龍晧元被告(46)の再審請求について大阪地裁は7日、再審開始を決定した。水島和男裁判長は決定理由で「弁護側が実施した火災の再現実験結果に照らすと、放火の方法について捜査段階の自白に不自然な部分がある」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信