外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 共産党のビラを配るため04年、東京都葛飾区のマンションに無断で立ち入ったとして、住居侵入罪に問われた僧侶荒川庸生被告(62)の上告審判決で、最高裁第2小法廷は30日、被告側の上告を棄却。一審の無罪判決を破棄し、罰金5万円とした二審判決が確定する。今井功裁判長は「住民の私生活の平穏を侵害するものと言わざるを得ない」と指摘、住居侵入罪で処罰することに違憲性はないと判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信