外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党の高市早苗政調会長は9日、共同通信のインタビューに応じ、政府が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の是非を判断する前に党内で議論を始める方針を明らかにした。「どのような前提条件がそろえば交渉参加を考えるのか。条件が変わっても参加しないのか。党の外交・経済連携調査会で広く議論したい」と述べた。自民党内には交渉参加への慎重論が根強く、紛糾も予想される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信