外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党は10日、2017年から年収1千万円超の会社員の給与所得控除を縮小し、増税する方向で最終調整に入った。年収1200万円超の会社員の控除を16年から縮小する方針はすでに固まっており、2段階で増税する形になる。12日にまとめる予定の税制改正大綱に盛り込む。年収が1千万円超のサラリーマンは約172万人に上るとされ、影響が広がりそうだ。

共同通信