ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政府与党、給与増加分10%減税

 政府、与党は19日、民間給与の引き上げを促す法人税減税の新制度について、会社が支払う給与総額の増加分の最大10%を法人税から差し引く案を軸に調整に入った。2~3年程度の時限措置とする。雇用者数を増やした企業の法人税を減らす雇用促進税制の拡充も検討する。安倍政権は、賃上げや雇用増を促す。政府、与党は協議を続け、自民、公明両党が決定する2013年度の与党税制改正大綱に盛り込む。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。