外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が中近距離用の政府専用機として、三菱航空機が開発中の国産小型ジェット機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の導入を検討していることが分かった。国内視察やアジア近隣を中心とした官邸外交での活用を想定している。複数の政府関係者が19日、明らかにした。皇室や首相の外遊などに利用される政府専用機は現在、航続距離の長いボーイング747の2機体制。

共同通信