外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、日銀は17日午前、国際金融資本市場について幹部が意見交換する定期会合を開いた。英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を前に円高が進行したことへの対応を協議し、現状の認識を共有した。麻生太郎財務相は会合に先立つ閣議後の記者会見で、円相場について「一方に偏った、急激な投機的な動きが見られ、極めて憂慮している。これまで以上に必要な時にはしっかり対応する」と市場をけん制した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信