外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 財務省と金融庁、日銀は25日、臨時の幹部会合を開き、英国の欧州連合(EU)離脱問題への対応を協議した。週明けも金融市場の混乱が収束せず、円高と株安が一段と進む事態を想定。日本と世界の景気後退を招く危険があるとして、万全の備えを進めることを確認した。欧米とも連携し銀行のドル資金調達に支障が生じないよう日銀が必要に応じて供給量を増やし、円の急騰時には市場介入も視野に入れる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信