外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 がん検診や予防接種などを受けた場合に、自己負担額を所得から控除する税負担軽減制度の創設を政府が検討していることが24日、分かった。薬局などで買える一般用医薬品(市販薬)の購入費が年間1万円を超えた場合に、超過分を所得から控除する制度の導入も検討する。

共同通信