外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が北方領土交渉に関し、4島の帰属問題解決と平和条約締結に向けた交渉促進で合意した2001年の「イルクーツク声明」の有効性を確認した上で、これを基本に交渉を継続するようロシアに求めていく方針であることが分かった。近年、ロシアが北方領土の実効支配を強化していることへの懸念が強いため。日本政府関係者が20日、明らかにした。プーチン大統領の年内来日実現に向け、声明の扱いが焦点になりそうだ。

共同通信