ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政府、サメ取引規制受け入れ拒否

 フカヒレ目当ての乱獲で減少が著しいシュモクザメなどのサメを国際的な取引規制の対象とする、ワシントン条約締約国会議での新たな決定について、日本政府は31日までに規制の受け入れを拒否する「留保」を条約事務局に申し立てることを決めた。「資源管理は既存の漁業管理機関で行うべきだ」というのが主な理由だが、諸外国から「海洋生物の保護に後ろ向きだ」との非難を招く恐れもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。