外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は、二酸化炭素(CO2)の排出を抑制できる再生可能エネルギーの生産技術の輸出を本格化させる方針を固めた。先進国だけでなく発展途上国も含めた地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」が発効したことを受け、需要が増えると判断した。主にインドや中国、東南アジアに、地熱や太陽光発電のほか、将来的に福島県で進める水素エネルギー技術を輸出することを想定している。政府筋が12日明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信