外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福島市大波地区の農家のコメから国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された問題で、政府は17日、福島県に対し、この地区で今年収穫されたコメについて、原子力災害対策特別措置法に基づき出荷停止を指示した。コメの出荷停止措置は初。同地区では農家1戸がJAに持ち込んで行った自主検査で基準値を超え、県の検査でもこの農家のコシヒカリの玄米から基準値を超える1キログラム当たり630ベクレルが検出された。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信