外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本政府は28日、黄海での米韓合同軍事演習開始に反発する北朝鮮の動向を注視、首相官邸の危機管理センターを中心に情報収集など戒監視活動を強めた。菅首相は同日昼に仙谷官房長官らと官邸で対応を協議し「警戒を緩めないでしっかり対応するように」と指示。自衛隊は司令部隊員などを増強し24時間体制で情報収集。P3C哨戒機、電子情報偵察機EP3などによる警戒態勢も強化、E3空中警戒管制機も待機させた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信