外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は30日午前、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」打ち上げに備え、安全保障会議(議長・野田首相)を国会内で開催。関係閣僚らの協議を経て、ミサイル防衛による迎撃態勢を取るため、田中防衛相は午前8時17分、自衛隊法に基づく破壊措置命令を発出した。日本領域への落下を想定。北朝鮮が予告した4月中旬に向け、海上自衛隊イージス艦3隻と、地対空誘導弾パトリオットによる迎撃態勢を整える。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信