外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は11日、九州電力川内原発(鹿児島県)の事故による放射性物質の拡散を想定した原子力総合防災訓練を2日間の日程で始めた。東京電力福島第1原発事故後、国による訓練は初めて。対策を準備する区域を原発の半径30キロ圏に拡大する。住民や自治体など関係機関の計約3300人が参加。第1原発事故では交通渋滞などで混乱し、高齢の入院患者が避難中に死亡するケースが相次いだ反省から、事故に備えた体制を強化する。

共同通信