外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は核問題をめぐる欧米など6カ国とイランによる7月の最終合意を受け、イランへの制裁を解除する方針を固めた。複数の外交筋が12日、明らかにした。核開発の大幅制限を定めた合意履行にイランが踏み切れば、制裁を解除する欧米と足並みをそろえる。政府は油田開発への参入や自動車輸出拡大を視野に、日本企業の進出につなげたい考えだ。

共同通信