外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本政府が、環太平洋連携協定(TPP)交渉の米国との協議で、牛肉の低関税での対米輸出枠を現在の10倍に拡大するよう求めていることが10日分かった。米国が日本産牛肉に設定している低関税枠を現在の年間200トンから2千トンに引き上げる内容。米国は拡大を検討しているが、具体的な数量や時期は詰めている。

共同通信