外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府はエボラ出血熱などの感染症対策をめぐり、国際貢献強化に向けた新たな戦略を策定する方針を固めた。流行の初期段階から発生国を支援できる態勢の整備や、人材育成が柱。安倍晋三首相がトップの閣僚会議を新設し、初会合を11日に開催する。政府関係者が10日、明らかにした。来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で感染症対策の議論をリードしたい考えだ。

共同通信