外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人国家戦略担当相は20日、閣議後の記者会見で、経済協力開発機構(OECD)が日本のデフレ克服を求めたことについて「デフレ状況との認識を申し上げているところだ」と述べ、日本経済がデフレに陥っているとの考えを示した。菅氏は7~9月期の国内総生産(GDP)の発表を受けた16日の会見では「デフレ的な状況に入りつつある」としており、すでにデフレ状況にあると認めるのは初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信