外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は22日、日中双方が権益を主張する東シナ海のガス田「白樺」(中国名・春暁)で中国が掘削に向けた動きをみせている問題で、資源エネルギー庁が所有する高性能の探査船を現場海域付近に派遣する方向で検討に入った。同探査船は海底地層を詳しく調査でき、中国側が否定する掘削の有無を確かめるのが目的だ。複数の政府筋が明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信