外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、民主党が、病院などの外来受診のたびに100円程度を上乗せして支払う「受診時定額負担制度」導入を見送る方針を固めたことが29日、明らかになった。これを財源に高額医療費の自己負担を一定額に抑える「高額療養費制度」の拡充については、規模縮小の検討に入った。受診時負担制度は、同日の党医療・介護ワーキングチームで、党の社会保障と税の一体改革調査会に対し、反対意見多数と報告することで意見がまとまった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信