外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎県の口蹄疫問題で山田正彦農相と仙谷由人官房長官は12日、首相官邸で会談し、県が要請していた民間種牛6頭の救済を政府として認めない方針を確認。山田農相は週内にも東国原英夫宮崎県知事を農林水産省に呼び、殺処分するよう強く求める。これに対し、種牛所有者の代理人弁護士は「所有者の意思を最終確認した上で、宮崎県の殺処分勧告取り消しを求めて提訴したい」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信