ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政府、漁業規制で中国に抗議へ

 日本政府は15日、中国海南省が南シナ海で操業する外国漁船を対象に導入した新たな規制措置について「国連海洋法条約に抵触する一方的な現状変更に当たる恐れがある」と判断し、近く抗議する方針を固めた。複数の政府筋が明らかにした。外務省は既に事実関係を中国側に照会しており、回答を得た上で抗議する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。