外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は、自衛隊による無人偵察機の導入計画に合わせ、無人機を運用するための新たな航空管制ルールを2014年度中に策定する方針を固めた。国土交通省は10月から海外での運用実態の調査に乗り出し、防衛省と協議した上で、有人運航を前提とした航空法の改正も視野に検討を進める。政府関係者が22日、明らかにした。防衛省は沖縄県・尖閣諸島をはじめとする領土摩擦の長期化に備え、自衛隊の偵察機能を強化したい考え。

共同通信