外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は天皇陛下の生前退位を巡り、皇位継承や摂政制度を定めた皇室典範の改正や、新法制定を含めた法整備に向け本格的な検討に入った。政府関係者が6日、明らかにした。陛下は8日にお気持ちを表明する。政府は内閣官房で検討を進めるとともに、秋以降に有識者会議を設置し、議論を深める方針。早ければ来年の通常国会での法整備を視野に入れる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信