外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は11日、北朝鮮がミサイルを発射した場合に備え、自衛隊による迎撃を可能とするため発令していた破壊措置命令を解除した。複数の政府関係者が明らかにした。これを受け、自衛隊は東京・市谷の防衛省敷地内に展開している地対空誘導弾パトリオット(PAC3)などの撤収作業を開始した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信