外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は8日、太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島で戦死した日本兵の遺骨収容事業を継続、強化する方針を固めた。東日本大震災や現地の渇水の影響で中断していた収容団の派遣を11月に再開。政府特命チームを存続させ、今後3年間を集中実施期間と位置付ける。予算や人員の態勢増強を図り、早期の遺骨帰還を実現させたい考えだ。硫黄島の遺骨収容事業は「国の責務」として昨年8月に特命チームを設置し、本格化させた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信