ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政府、節電目標を今夏見送りへ

 政府は9日、節電の数値目標を今夏は各地域に設定しない方向で検討に入った。沖縄電力を除く電力9社が政府に報告した需給見通しで、供給余力を示す予備率が8月は全国平均6・3%となり、安定供給に必要な3%以上を確保できる見込みとなったため。節電目標が見送られれば、東日本大震災後で初めてとなる。家庭や企業の節電定着に加え、電力各社が火力発電を増強し、相互に融通する態勢も確立したことが主因。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。