ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政府、補正予算見送りの方向

 政府は10日、秋の臨時国会への2012年度補正予算案提出を見送る方向で調整に入った。12年度本予算の執行に不可欠となる公債発行特例法案の成立を優先するべきだとの判断が有力となった。複数の政府関係者が明らかにした。政府高官は補正予算に関し「特段これをやらなければいけないというものではない」と強調した。ただ、補正予算を編成しないことは、景気の不安要因になりかねないとの批判も出そうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。