外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は、タックスヘイブン(租税回避地)に関する「パナマ文書」を踏まえ、課税逃れ対策や不正蓄財などの腐敗防止策を徹底するため、26、27両日に開く主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で行動計画を発表する方針を固めた。2020年東京五輪・パラリンピックの開催国として、スポーツ選手の不正行為や、関連の政府調達を巡る不正の防止策も盛り込みたい考えだ。政府筋が10日、明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信