外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は6日、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦被害を象徴する少女像が設置されたことを受け、当面の措置として長嶺安政駐韓大使を一時帰国させる対抗措置を決定した。慰安婦問題に関する日韓合意の誠実な履行に反すると判断した。菅義偉官房長官が記者会見で明らかにし「日韓関係に好ましくない影響を与える。領事機関の威厳などを侵害する。極めて遺憾だ」と批判した。

共同通信