外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は2日、北朝鮮による10~22日の間のミサイル発射予告を受け、7日にも安全保障会議を招集し、日本領域に落下する事態に備えて森本防衛相が自衛隊に迎撃のための破壊措置命令を出す方向で調整に入った。自衛隊は1日に出された準備命令に基づき、沖縄や首都圏に地上配備する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)や迎撃能力を持つイージス艦の展開に着手した。野田首相は「責任を持って国民、国土、主権を守る」と強調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信