外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の宇宙政策委員会の専門部会は17日、H2Aロケットの後継となる大型ロケット「H3(仮称)」を新規に開発する方針を固めた。日本の主力ロケットの開発着手は1996年のH2A以来となる。文部科学省などは、開発費を約1900億円と見込み、2020年度の1号機打ち上げを計画している。部会は、開発の実施主体を三菱重工業にゆだねる方向で検討中。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信