外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は24日発表した12月の月例経済報告で、物価に関する判断から「デフレ」の表現を削除した。デフレの表現を使わないのは4年2カ月ぶり。最近の消費者物価は上昇傾向にあり、物価が持続的に下落する状況ではなくなったと判断した。ただ再びデフレに戻る恐れはあるとし、デフレ脱却宣言は見送った。

共同通信