外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリアのアサド政権軍は18日から19日にかけ、米軍の支援を受ける少数民族クルド人の拠点、北東部ハサカを空爆した。付近にはクルド人主体の「シリア民主軍」(SDF)に同行する米軍特殊部隊員が展開しており、米軍機が米兵保護のため緊急発進した。政権軍機との遭遇はなく、米部隊に損害はなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信