外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国市民オンブズマン連絡会議(名古屋市)は23日、都道府県と政令指定都市、中核市の計114議会で2015年度に支出した政務活動費の調査結果を発表した。支給額に対する使用額の割合(執行率)が95%以上だった議会は、前年度の26から減ったものの11に上った。16年度に不正が発覚した富山市は唯一、全額を使い切った。オンブズマン会議の新海聡事務局長は「政活費が『第二給与』になり、使わなければ損という意識がある」と指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信