外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府内のJR阪和線で昨年、信号が赤のまま変わらなくなり運行に支障が出るトラブルが相次ぎ、何者かが故意に機器を操作した可能性があることが24日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警捜査1課が威力業務妨害の疑いがあるとみて調べている。信号を制御する機器は、施錠された室内など部外者が立ち入れない場所に設置されており、捜査1課はJR西日本の関係者が関与した可能性もあるとみて調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信