外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で作業員33人の救出から1年となった13日、現場の鉱山やコピアポ市内で記念行事が行われ、ピニェラ大統領のセシリア夫人は「国全体が団結して成し遂げた勝利だった。今後の皆さんの最大限の幸運を祈る」とあいさつし、精神的、経済的な問題を抱える元作業員らを激励した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信