外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本救急医学会が07年の指針で治療中止を容認した脳死患者について、「人工呼吸器の取り外しを選択肢としている」とした医師は2%にとどまっていることが24日、東大研究チームの調査で分かった。「刑事責任を問われかねない」などを外さない理由に挙げる医師が多く、指針への対応をめぐって混乱する医療現場の実態が浮かび上がった。議論が多い延命治療の中止について医師に尋ねた全国調査は異例。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信