外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 通報を受けてから救急車で患者を搬送、医療機関に収容するまでにかかった時間は、09年の都道府県別平均で、東京が51・8分と最も長く、最短の福岡より24・2分も遅いことが3日、総務省消防庁の救急統計で分かった。鳥取、沖縄両県を除く45都道府県が前年より遅くなった。全国平均は前年より1・1分遅い36・1分。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信