ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

教員の体罰2倍に、文科省調査

 文部科学省は26日、公立小中高校生に体罰を与えたと教育委員会が認定した教員は昨年4月からの10カ月で840人に上り、2011年度の処分者数の2倍を超えて過去最多になったと発表した。大阪市立桜宮高の男子生徒自殺問題を受けた緊急調査の結果で、被害を受けた子どもは1890人。文科省は「これまで見逃されてきた事実の掘り起こしが進んだ」とみており、各教委に根絶に取り組むよう求めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。