ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

教科書検定を見直し、文科相表明

 下村博文文部科学相は10日午前の衆院予算委員会で、現在の教科書検定制度について「現状と課題を整理し、見直しを検討する」と表明した。中国や韓国などアジア諸国との歴史的関係に配慮するよう求める「近隣諸国条項」の見直しが念頭にあるとみられる。自民党には「歴史教科書の自虐史観につながる」との声が強く、昨年の衆院選の政権公約では「伝統文化に誇りを持てる内容の教科書で学べるよう、検定基準を改善する」と明記していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。