外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県山元町の常磐山元自動車学校の教習生25人とアルバイトの女性従業員の遺族が、学校側に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が25日、仙台高裁(小野洋一裁判長)であり、学校側が教習生1人当たり50万円、計1250万円の解決金を支払い、陳謝することを条件に教習生遺族との間で和解が成立した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信